その日に女性と親密になる|初デートで手をつなぐ最高の流れ

「迷うことはない、男なら初デートから手をつなぎに行け」

とはいっても、僕も昔、初デートで手をつなぐのをためらってしまったことがあったんですよね。いや、やっぱりせっかく初デートまでこぎつけたのに、下手打ちして、失敗して、嫌われたくないじゃないですか。

ただ、今なら言えるんですけど、女性と親密になりたかったら、むしろ初デートから積極的に手をつなぐべきだ、というのが僕の個人的な意見です。

というのも、もたもたしているとその女性がほかの男に取られてしまうかもしれないし、あなたが慎重になったからといって口説けるとは限らないからです(僕も何度悔しい思いをしたか、、、)。

時間をかけなければ落とせない、というのは幻想であって、初デートから相手と親密に関係になることは十分可能です。ただ、そのためには手をつなぐタイミングやつなぎ方がすごく重要になってきます。

そこでこの記事では、初デートの日から女性と親密になるために、どのようなタイミングで手をつなげば良いのか、またどのようなつなぎ方をすれば良いのか、実際に僕がやっている方法をお伝えします。

あと、手をつなぐことを拒否られた時のベストなフォローもあわせてお伝えするので、もし手をつなぎ返してくれなくても全く問題ないです。

初デートから手をつなぎ、そしてその日のうちに深い仲になる。つまり、セックスをする。僕はそういったスマートな男を常に意識しているんですが、もしあなたがこの考え方に少しでも共感してくれて、これから初デートの予定があるのなら、参考にしてみて下さい。

目次

1.初デートで手をつなぐ目的
2.初デートで手をつなぐ最高のタイミング
3.注意!初デートでの手のつなぎ方
4.拒否された時のベストなフォロー
5.まとめ|スマートな男を目指すために

1.初デートで手をつなぐ目的

まずはっきりさせておきたいのが、ここでいう「初デートで手をつなぐ目的」というのは、その女性とその日のうちに深い仲になれるかどうかの「相手からのOKサイン」を確認することです。

早い話が、今日セックス出来るのか、出来ないのか。それを手をつなぐことによって見極めるわけですね。手をつなぎ返してくれたら、セックス出来る可能性がある、と判断することができます(もちろん、手をつなぐ以外のサインを見極める必要がありますが)。

ただ、勘違いしてはいけないことがあります。それは、手をつなぐから好きになる、というわけではないということです。好意がすでにあるからこそ、女性は手をつなぎ返してくれる。このことを忘れてはいけません。

なので、好意がなければ手をつなぐことを拒否される可能性が高いです。つまり、女性と手をつなぐためには、先に好意を抱かせることが条件となります。

…ということを踏まえて、次に進みます。

※初デートで女性に好意を抱かせる会話や流れなどは別の記事でお伝えする予定です。

2.初デートで手をつなぐ最高のタイミング

初デートで手をつなぐ最高のタイミングは、シーンが切り替わったときです。主なタイミングを3つお伝えします。

2-1.食事のあと、店を出たとき

一緒に美味いもの食べて、お酒を飲んで、そして店を出た時。その時が、手をつなぐ絶好のタイミングです。会計をスムーズに済ませてお店を出た後に、手をつなぐことを試みてみましょう。つなぎ方については後述します。

2-2.階段を下りるとき

階段を下りるときも手をつなぐ良いタイミングです。女性がヒールをはいている場合コケたら危ないので、あなたが手をつなごうとする行動は、「相手を気遣う行為」として捉えられるので、いやらしさがありません。勇気を出して手を差し伸べていきましょう。

2-3.エレベーターから降りるとき

エレベーターから降りるときも、手をつなぎやすいタイミングの一つです。チーンと鳴ってエレベーターを降りて、そのまま手をつなぐ。スマートに手をつなげるのでおすすめです。僕もこのタイミングでよく手をつなぎます。

3.注意!初デートでの手のつなぎ方

先ほどもお伝えしたように、手をつなぐときは女性があなたに好意を抱いていることが前提となります。

が、たとえその女性があなたに好意を抱いていたとしても、手のつなぎ方によっては「うわ、、、キモ、、、」と相手に引かれてしまう場合もあります。

手をつなぐときは、特にカッコつける必要はないし、何か言葉が必要なわけでもありません。ただ単に、

何も言わずに女性の腰の前あたりに手を差し出す

これだけでOKです。ホントに何も言う必要はないです。

first-date-hand↑女性から見て、腰くらいの高さの前方(赤丸らへん)にこちらの手を差し出す

僕も昔やってしまいがちでしたが、「寒いから手をつなごう?」と言ったり、「手、つないで良い?」みたいな確認をして手をつなごうとする男は、相手に「女々しい男」という印象を与えてしまいます。

なので、何も言わずに手をつなぐ。それだけで良いです。

4.拒否された時のベストなフォロー

女性は照れ隠しで手をつなぐことを拒否してくる場合があります。軽い女に見られたくないとか、心の準備が出来ていないとか、そういった気持ちが心の中にあるのかもしれません。また手汗がひどいとか、手が荒れているとか、身体的なことかもしれません。

このような場合は、相手の「行動」を見ると良いです。言葉では「いや」と言っていても、体が拒否していなければ(逃げようとしていなければ)手をつなげる可能性があります。

ただ、その際は必ず女性に対して、手をつなぐユニークな理由を与えることが大事です(相手に「あの人がああ言ってきたから、、、」という言い訳を与えるため)。

ex)
「大丈夫だって、ちゃんと手洗ってるから」
「おれ握力ゼロだから」

そのように拒否されても押すことで、手をつなぎ返してくることがあります。

しかし押しても拒否してくる場合、注意が必要です。しつこく押しすぎると「うぜーなこいつ、、、」と思われてしまいます。

そのような時はいったん手をつなぐことをやめ、ユニークな切り返しをして気まずい空気を作らないようにフォローすることが大切です。

そうすることで、たとえ手をつなぐことを拒否されたとしても、悪い印象を与えることはありません。

ex)
「あ、早かった?ホント手がはえーなお前は。あ、俺か」

ユニークな切り返しでフォローすれば、むしろ「この人って気を遣える人なのね」と相手に良い印象を与えられる可能性が高いです。

拒否されても焦ってはいけません。拒否された時、それは男が試される瞬間です。ここで焦って下手打ちしてしまうと、相手は「大したことない男ね、、、」とあなたを見限り、デートを中断して帰ってしまうかもしれません。

焦らず、フォローする。それが大事です。実際、僕は以前、初デートで女性と手をつなごうとして拒否されましたが、うまくフォローして切り返したことで、嫌われることなく、次のデートで親密な仲になることができました。

効果は実証済みなので、「フォローする」ということを意識してもらえればなと思います。

5.まとめ|初デートで女性と深い仲になるために

女性と深い関係になる前には、キスや手をつなぐという行為がありますよね。それらは全て線でつながっています。だから、スマートに手をつなげるかどうか。それが、女性と深い関係になれるかどうか、つまりセックスできるかどうかに大きく影響してきます。

男ならタイミングを逃さず、自信をもって手をつなぐ。手をつなげたらそれで良いし、拒否されたとしてもフォローすれば全く問題ありません。

男であるあなたが積極的に手をつないでいきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。