【Pairs】20歳アイドル系女子大生を飯に誘ったメッセージ公開

Paris メッセージ 20歳可愛い系大学生

さて、今回はアイドル系ルックスの20歳女子大生を飯に誘ったメッセージを公開します。

この女性はしょっぱなから僕のボケに乗ってくれた、とてもノリが良い子でした。ノリが良い子は、そのノリの勢いを殺さないようにさえすれば誘い出せます。

当時の僕は29歳で、相手とは9歳年が離れていますが、年の差なんて関係ないです。もし若くてノリの良い女子大生を誘うことが苦手なら、参考にしてみて下さい。

Pairsでのメッセージ公開

Paris メッセージ 20歳可愛い系大学生 Paris メッセージ 20歳可愛い系大学生 Paris メッセージ 20歳可愛い系大学生 Paris メッセージ 20歳可愛い系大学生 Paris メッセージ 20歳可愛い系大学生

※右側黒字=僕、左側赤字=相手の女性

「ども!いやなんとなく他の人と違ってまともな人かなと思って笑」7月5日22時18分

「こんばんはー!
私がですか!?笑」22時45分

「そうです笑

まともな人ランキング3位に入れます(てきとう)」23時16分

「1位じゃないのか(顔文字)」7月6日0時43分

「あともう少し頑張れば2位食いこめます」22時48分

「うーーん作戦練りますわ(顔文字)!」22時52分

「ノリ良いっすね笑
名前ノリ子ですか?」7月7日21時44分

「ノリよし子です(絵文字)」22時9分

「ノリさんどうすか、良い人いましたかこのペアーズは」22時39分

「そうですねぇ、、
うーーんマッチングしても
なんか連絡取るの
めんどくなって
結局誰1人として
会ってもいないし
そろそろ飽きてきました
ごめんなさい率直過ぎて
(顔文字)笑」22時50分

「あー、それ向いてないっすよ笑

ただまあ、飽きるってのはすげーわかる気がする」22時59分

「ちょwww
ストレートに
言わないで下さい兄さん

でしょお!?!?
なんかやっぱり
向いてないのかもしれないです笑」

「じゃあ飽きてやめてしまう前に
飯食い行くってのはどうすか」7月8日0時7分

「それは
いいと思います(絵文字)」0時26分

「さすがノリ子!
いつにする?ってか埼玉なのか」0時55分

「ノリ子ですもの!
そうなんですよ(顔文字)
そして兄さん会う前に
ちょいと電話したいです」0時58分

「おーええよ。ラインで良いよね?」1時2分

「いえっすぁぁぁ!」1時2分

「〇〇(ラインID)

ほい」1時10分

Pairsでのメッセージ解説

さて、それではこのメッセージを解説していきます。今回の解説は以下の3つです。

  1. ネタは引っ張りすぎない
  2. ラベリングして二人の共通言語を作る
  3. 誘う時は理由をつける。ただし理由なんて何でも良い

ネタは引っ張りすぎない

女性が食いついたネタは、たとえ盛り上がったとしても引っ張りすぎないほうが良いです。ネタを引っ張りすぎると「この男しつこいな…」と思われて、一気に冷めてしまうことがあるからです。株価が上昇し続ける銘柄なんてないのと同じですね。

どんな話題でも盛り上がったら必ず盛り下がる時が来ます。ネタを引っ張りすぎて盛り下がってしまったら、たとえ盛り上がっていたとしても「盛り下がってしまった」という印象が強く残ってしまい、結果的に「この男とは盛り上がれなかった」というイメージを植え付けてしまいます。これを心理学でピークエンドの法則というのですが、話の終わりの印象が強く残ってしまうんですよね、僕らは。

なので、ベストは盛り上がっている最中に別の話題に切り替えることです。そうすれば、相手に「あの話は盛り上がった」という印象を与えることができ、それが結果的に「この人とは盛り上がれるし楽しい」というイメージを与えることにもつながります。

なので、ネタを振って相手が食いついたからと言って調子に乗るのではなく、冷静にピーク時を見極めて、別の話を振っていきましょう。

ラベリングして二人の共通言語を作る

今回、僕はラベリングというテクニックを使いました。相手を勝手に「ノリ子」と命名したんです。つまり、ノリ子というラベルを相手に貼った(ラベリング)わけですね。

二人だけにしか分からない単語や名前、話のネタなどがあると、一気に親近感が増します。秘密の共有ってやつです。

また相手に勝手に名前を付けるといじりやすくもなりますから、より親近感が増していきます。

とくに難しく考える必要はないです。何でもいいんですよ。ノリが良いから「ノリ子」と呼んだように、てきとうでも良いのでラベリングしてみると、一気に相手との距離が縮まることがあります。

誘う時は理由をつける。ただし理由なんて何でも良い

ただ「会おう」ではなくて、「~だから(~なので)会おう」といったように理由付けすることで、より誘いに応じてもらいやすくなる、と感じています。

ビジネスマンにも人気の「影響力の武器」という本にも、理由付けすることは人を納得させるのに役立つ、しかもそれが理由になっていない理由だったとしても、的なことが書いてあります。

「急いでいるんでコピーを取らせてもらえますか?」と言った方が、たんに「コピーを取らせてもらえますか?」と言うよりも相手に順番を譲ってもらいやすかった、という実験結果について書かれています。

これもホント理由なんて何でも良いんです。僕の今回の誘い方も、てきとうな理由をつけて誘っています。

ただ、「興味があるから会おう」とか「タイプだから会おう」みたいな、いかにも下心丸出しな誘い方はNGです。まあ、それで誘いに乗る人もいますが、ぶっちゃけ気持ち悪いし、重い印象を与えてしまうことにもつながるので。

まあ、誘い方は人それぞれですし、僕はなんかそんな下心丸出しの誘い方はだせーなあと感じてしまうのでやらない、ってだけなんですけどね。もっとこう、ユーモアを交えて気取らない感じで誘いたいんです。

、、、と僕の話はどうでも良くて、とにかく相手を誘う時はどんなことでも良いので理由をつけてみてもらえればなと思います。

まとめ:Pairsもなんだかんだいってタイミングとフィーリング

以上、Pairsでのメッセージを解説してきましたが、ぶっちゃけこういうマッチングアプリで女性と会うのは、タイミングとフィーリングも大事です。

たとえばその日女性に嫌なことがあったとか、生理で気分が悪いとか、仕事で忙しいとか、そういったタイミングで誘っても断られるかもしれません。

また、成功率の高い誘い方をしても、なんとなく気分が乗らないから断られることもあるわけです。

もちろん、改善していくべきところは改善してアプローチを続けるべきなのですが、どう頑張ってもダメな時はある。そういう時は「タイミングが悪かった」と割り切って、次の女性にアプローチしていったほうが良いです。くよくよ悩んでいる時間はホントもったいないですからね。

以上。

もしあなたが女子大生に限らず、ノリの良い相手を誘うことを考えているのなら、ぜひ参考にしてもらえればなと思います。

それではお読みいただき、ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。