【Tinder攻略】独特のノリのモデル系22歳女子大学院生とのチャット公開&解説

Tinder 攻略 22歳女子大学院生

今回、マッチングアプリTinderでLINE交換した子は独特のノリというか、リアクションが変わっている子でした。

そのようなノリの人にはどう対応すればいいのか?という事例として、この記事ではチャット内容を解説しています。

相手への切り返しのポイントも解説しているので、参考までにお読みいただければなと。

Tinderでのチャット公開&解説

Tinder 攻略 22歳女子大学院生 Tinder 攻略 22歳女子大学院生 Tinder 攻略 22歳女子大学院生 Tinder 攻略 22歳女子大学院生

※右側黒字=僕、左側赤字=相手の女性

「ども!likeありがとうございます!
いやなんとなく他の人よりまともな人かなと思ってlikeしました笑」

「…褒められたかな(顔文字)やった」

「褒めてる褒めてる!」

「もっと褒めて(顔文字)」

「素敵かわいい素晴らしい(棒読み」

解説)媚びると男の価値を下げてしまうので(相手を優位に立たせてしまう)、女性の容姿をほめるときは必ずユニークを交える。この場合は「棒読み」という言葉を入れることで、相手を褒めつつ会話の主導権を握っている。上げて落とす「マッチポンプ」ってやつですね。

「…ありがたやありがたや(顔文字)」

「〇〇〇さんノリ良い人でよかった笑」

「どうすかこのアプリ、素敵な出会いはありそうすか??」

「〇〇〇さん褒めてくれてよかった」

「…よくわかんないよね。笑」
ありそうですか?」

「いつでも褒めたるわ棒読みで良ければ笑」

「いやーおれもわからん、
今んとこ特にないね笑」

解説)「この人遊び目的なんだ…」と思われてしまうと警戒される可能性があるので、どれくらい合っているかは正直に答える必要はないです。先に相手が「私〇人と会ったんだけど…」と言ってきたら、それに合わせる形で答えてもOKですけどね。

「そこは棒読みで、〇〇〇ちゃんと出会えてよかったですって言うとこだよ(顔文字)」

「〇〇〇ちゃんと出会えてよかった(焦り」

「えへへ(顔文字)照れちゃう照れちゃう」

「したらよくわからん同士ご飯でも行くか!ってのは違うか笑」

解説)会話のキャッチボールが成立してきたら、なるべく早い段階で誘う。なぜなら、Tinderはマッチングアプリであり、「異性と出会いたい」と思っている人が登録している人が多数だから。回りくどく誘わずに、ストレートに誘って良し。

「一人でつっこんだね(顔文字)
〇〇〇(相手の名前)は〇〇くんとラインしたいなあ。。」

「つっこんでよ笑
ラインね!ええよええよ!」

「(LINEのID)」

「なので検索してもらえれば!」

相手の波長に合わせていく

チャットに限らずコミュニケーションで意識しているのは、相手の波長に合わせる、ということです。

単純に、相手がタメ口を使ってきているなら、こちらもタメ口を使う。相手がボケてきたのなら、突っ込んだりボケを返したりする。

相手が今、どれくらい心を開いているのか。その距離感を常に意識しつつ、コミュニケーションを取っていく感じですね。

この距離感を測れないと、相手に不快感を与えてしまいます。あれです、初対面の相手に物理的に近づかれると警戒してしまうじゃないですか。お前ちけーよ、みたいな。不快感すら感じますよね。

もちろん、チャット上の文字だけでは心の距離を想像することは難しいのですが、それで「相手は今、どんなことを考えているんだろうか?」と考えていくことが大事です。

・・・以上、参考にしてもらえればなと。それではお読みいただきありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。