友達作りトークで利用停止にならないための3つのコツ

友達作りトーク 利用停止

友達作りトークは、利用規約に違反したり、相手に通報されたりすると、利用停止になる場合があります。

利用停止になるとアプリが使えず、出会いのチャンスが減ってしまいます。そして残念ながら、利用停止になったらなすすべはありません。なので、出来る限り避けたいですよね。

利用停止期間について)

僕は一度も利用停止になったことがないので確認できていないのですが、友人から聞いた話では利用停止期間は状況によって10日、50日、100日、180日、365日、永久…などと変わるとのことです。

ということで、利用停止にならないためのコツを3つお伝えします。

1.利用規約に違反する内容を書き込まないようにする

友達作りトークの利用規約に違反する内容を書き込まなければ、少なくとも運営側から利用停止を食らうことはありません。

利用規約は以下のように書かれています。

性と関連した内容(卑猥、露出写真、性的な冗談、性に関する質問等)、金銭関連の内容(お金稼ぎ、アルバイト、お小遣い、援助、出会い目的、ビジネス勧誘等)、その他不適切な内容を作成する場合、アカウントが停止される可能性がありますので、ご注意ください。

なので、以下のような書き込みはしないようにしましょう。

  • (親密になっていない状態での)きわどい下ネタ
  • 援交の持ちかけ

特に「援交」なんてもってのほかです。金を使わずとも女性を抱ける、本当に魅力的な男を目指していきましょう。

2.不快にさせる内容を書き込まないようにする

利用規約に反していなくても、相手に通報された場合、利用停止になることがあります。通報はプロフィールから誰でも行うことができるので、極端な話、「プロフィールがむかついたから通報した」ということもあり得るわけです。

友達作りトーク 申告

なので、プロフィールもチャットも、相手を不快にさせるような内容は書き込まないことが大切です。

例えば、

  • 誹謗中傷をする
  • 相手の悪口を言う

とかですね。まあ、友達作りトークにはお前勘違いしてんじゃねーぞと言いたくなるような女性も見受けられるわけで、ついツッコミを入れたくなってしまう気持ちはわかります。本当にわかります。

ただどんな状況であれ、相手を不快にさせる人間はやっぱり魅力的ではありません。通報されて良いことは何一つないので、注意して書き込んでいきましょう。

3.LINE等に移行したらこちらからブロックする

相手に通報されないために先にこちらからブロックしてしまう、という方法もあります。

相手をブロックしてしまえば、相手の友達リストにあなたは表示されません。通報はプロフィールからしか出来ないので、通報されることはありません。

まあ、この方法はLINE等のアプリに移行した後にしか使えませんが、以下の2つのメリットがあるためおススメです。

  • 通報を気にせずに遠慮なくエロトークが出来る
  • 「他の女ともチャットしてるんでしょ!」といった面倒な嫉妬を回避できる

以上、参考にしてもらえればなと。

ただ、時には刺激的な言葉も必要

相手を落とすためには、時には刺激的な言葉も必要です。なぜなら、平々凡々な言葉では、相手の感情を動かすことが難しいからです。

とくに友達作りトークは暇つぶし感覚で使っている人が多い。日常生活が退屈だから、アプリに刺激を求めている場合があります。

だから、刺激的な言葉を使ってあげる。相手をあえて強めにいじったり、相手が引かない程度の下ネタをぶっこんだり。まあ、相手を傷つけるような言葉は人としてダメですが、利用停止にビビりすぎてつまらない言葉しか言えないのもダメ。

相手をいじり、楽しませる。そのことを意識してチャットしてもらえればなと思います。

それではお読みいただき、ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。